「メディアミックスに挑戦」やりたいことがある志望動機

「メディアミックスに挑戦」やりたいことがある志望動機

総合広告代理店の営業からインターネット広告代理店の営業へ転職を成功させた28歳男性の志望動機は、次のようなものでした。
「業界の成立に先駆けてインターネット広告の可能性に注目して、新しいアイデアでさまざまな角度からビジネスへ挑戦を続ける貴社において、 私自身の前職の総合広告代理店で培ったマスメディア媒体とのつながりやの経験を活かし、インターネット業界の新しい媒体と既存媒体のメディアミックスに挑戦したいと考えており、ぜひ御社にてこの可能性を実現したいと思い 志望いたしました。」
志望企業の事業内容をよく調べ理解している点が非常に評価できます。また、自分が経験してきたキャリアが、その会社のどの部分で生かせるかについてもよく考えられています。志望理由が具体的なアイデア、実現したいビジネスプランに基づくものなので、会社の方針と合わない場合は採用されないという危険性もありますが、自分のやりたいことがはっきりしている場合は、このように自分志望動機をはっきりアピールしていくとよいでしょう。
面接時には、具体的なビジネスプランをについても言及できると、さらに説得力のある志望動機になり、入社後のポジションなど突っ込んだ条件も話しやすくなるでしょう。